>>>サブプライム問題

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

サブプライム問題【さぶぷらいむもんだい】

サブプライム問題とは、米国の低所得者向け高金利住宅ローンの焦げ付きに発し、世界経済を大きく揺るがしている金融危機をいいます。
サブプライムローンとは、低所得者など信用力の低い個人を対象とした住宅ローンで、1980年代に創設され、審査が甘く、金利が高いのが特徴で、2~3年後には3~6パーセントも金利が跳ね上がります。しかし、不動産価格の高騰と、住宅債券の証券化によってリスク分散されることを背景に、融資は拡大し、サブプライム関連証券の発行額も急拡大しました。住宅価格が頭打ちになってくると焦げ付きが急増し、2007年夏にサブプライム関連証券の価格は暴落、その影響は欧米金融機関から世界に拡大し、実体経済に及び、機軸通貨であるドルの下落や世界的な株価の下落を引き起こしています。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

サブプライム問題とは?サブプライム問題の意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?