>>>ロココ様式

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

ロココ様式【ろここようしき】

フランス語で岩を意味する「ロカイユ」がその名前の由来で、18世紀初期~中頃、フランスのルイ15世(在位1715~1774年)の時代の建築や家具、装飾などの様式のことをいいます。「ルイ15世様式」とも呼ばれます。大規模で重厚なバロック様式と比べて小規模で繊細で、特に内装に曲線を多用する繊細で優美、軽やかな装飾が特徴です。ロカイユ(小石・貝殻などの模様をもつ曲線による装飾)やアカンサスの葉などが、モチーフとして多く用いられ、箪笥や肘掛け椅子、ふた付き事務机などのインテリアが製作されています。建築物では、ドイツのサンスーシ宮殿がその代表的なものとなります。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

ロココ様式とは?ロココ様式の意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?