>>>ロックウール

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

ロックウール【ろっくうーる】

ロックウールとは、玄武岩に製鉄所で副産物として発生する高炉スラグなどを混ぜて作られる人造の鉱物繊維です。
細かい繊維の間に空気層を持つ多孔質材料のため、断熱性、保温性、吸音性などに優れており、ガラス繊維のグラスウールとともに壁や天井の断熱材や吸音材として使われています。
不燃性やリサイクル性も高いという特徴もあります。 ロックウールは岩綿とも呼ばれるように見た目は石綿(アスベスト)に似ていますが、発がん性があるといわれる石綿とは違い、世界保健機関(WHO)の外部組織である国際がん研究機関(IARC)の発がん性分類では、ビニールやポリエチレン、また茶などと同じ(発がんレベルの低い)グループに分類されています。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

ロックウールとは?ロックウールの意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?