>>>ロータリーディスクタンブラー方式

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

ロータリーディスクタンブラー方式【ろーたりーでぃすくたんぶらーほうしき】

シリンダー錠の開閉機構のひとつで、ディスクタンブラー方式をより複雑化、高度化したタイプをいいます。
タンブラーは薄い板状のディスクで、Cのような形をしていることから、C字型ディスクと呼ばれます。鍵をさすことで、タンブラーが軸を中心に振れ動くことで、シリンダーの外筒と内筒を固定したり、回転できるようにするしくみになっています。
ロータリーディスクタンブラー方式は、タンブラーが直接内筒の回転の障害子になっているのではなく、ロッキングバーと呼ばれる棒状の部品が回転を阻止している点が特徴です。このロッキングバーは、全ての切り込みがそろわないと動かないため、1つ1つの切り込みを手の感覚で探り出していくピッキングでは感覚がつかみにくく、そのため、ピッキングによる不正解錠に強いという特徴があります。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

ロータリーディスクタンブラー方式とは?ロータリーディスクタンブラー方式の意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?