>>>連帯保証人

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

連帯保証人【れんたいほしょうにん】

主たる債務者(借金で例えると、実際にお金を借りた本人のこと)と連帯して債務を負担することを約束した保証人(ある人の身元や債務などを保証する人)のことをいいます。賃貸契約では、「連帯保証人」をたてるか、「保証会社」に加入するかのいずれかが必要になることが多いです。
住宅ローンの場合、返済期間が最長35年と長く続くことなどで、住宅ローンを借りる人に連帯保証人をつけることが現実的に困難なことがあります。そこで、多くの金融機関は住宅ローンの借入をする人が、保証会社の審査を受けて、保証会社が保証できて、保証会社へ保証料を支払うという条件のもと、保証会社が実質連帯保証人になるという仕組みをつくることにより、連帯保証人は原則必要ないようにしています。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

連帯保証人とは?連帯保証人の意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?