>>>レンガ

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

レンガ【れんが】

粘土を主原料に、頁岩(けつがん)などを混ぜて型に入れて形成したものを、窯で焼き固めた直方体の建築材料のことをいいます。赤茶色で直方体が一般的な形で、耐久性、防火性に優れるのが特徴です。昔は構造材として多く用いられていましたが、耐震性に難点があり、現在は化粧レンガなどの仕上げ材として用いられることが多いです。普通レンガ、耐火レンガ、異形レンガ、軽量レンガなどの種類があり、それぞれ、普通レンガ=210×100×60ミリ、耐火レンガ=230×114×65ミリなどと、その寸法が定められています。また洋風の雰囲気を出すため、木造や鉄筋コンクリート造の表面に張り付けるレンガ風のタイルもあります。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

レンガとは?レンガの意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?