>>>連続建て住宅

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

連続建て住宅【れんぞくだてじゅうたく】

連続建て住宅とは、2戸以上の住宅を連結して建てた住宅のことです。
一戸建て住宅が敷地も建物も独立しているのに対して、連続建て住宅は隣家と共用の壁で連続しています。どちらも床面積70平米以上は「フラット35」の融資対象となります。
敷地が独立している場合にはテラスハウス、敷地を共有している場合にはタウンハウスともいいます。一戸建て住宅に比べて経済的ですが、壁を共有しているだけに防音効果によっては隣の音が響きやすく、独立性の面では十分とはいえません。その反面、ご近所とのコミュニケーションの機会は多く、若い子育てファミリーや老人世帯にとっては、安心感を持ちやすい地域環境にもなります。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

連続建て住宅とは?連続建て住宅の意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?