>>>ルイ16世様式

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

ルイ16世様式【るいじゅうろくせいようしき】

18世紀後期、フランスのルイ16世(在位1774~1792年)の時代の建築や家具、装飾などの様式のことをさします。ルイ15世様式の曲線を多用する繊細さから一転、再び左右対称、直線が主流となり、古代ギリシア・ローマの影響を受けつつ軽やかで優美さが特色です。この後ナポレオンの時代まで続く「新古典主義」のはじまりの時期とも言われます。古典的なモチーフがあしらわれ、家具の表面装飾は彫刻よりも寄木細工などに、そして脚は溝彫りされた先細りの直線脚などが特徴です。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

ルイ16世様式とは?ルイ16世様式の意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?