>>>ルイ14世様式

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

ルイ14世様式【るいじゅうよんせいようしき】

17世紀中頃~18世紀初期、フランスのルイ14世(在位1643~1715年)の時代の建築や家具、装飾などの様式のことをさします。イタリアのバロック建築の影響は、ルイ13世の頃から始まっていましたが、「太陽王」と称されたルイ14世のもとでより豪華で重厚な印象となり、その絶頂期を迎えます。黒檀(こくたん)の化粧張り、黄銅や象牙などを用いた象嵌(ぞうがん)、ブロンズの銀めっき、金、銀、べっ甲などが特徴です。ヴェルサイユ宮殿が、その最も代表的な建築物となります。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

ルイ14世様式とは?ルイ14世様式の意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?