>>>隣地斜線制限

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

隣地斜線制限【りんちしゃせんせいげん】

隣接する敷地の日照・通風・採光などを考慮して決められる建築物の高さや形状を制限することで、隣地境界線を起点として「高さ」と「斜線の勾配(角度)」を定めたものです。具体的には、敷地内の隣地境界線上(接道部分を除く)から垂直に定められた高さをとり、建築物などを建てようとする敷地に向けて、その高さ地点から定められた比率の三角形をつくり、その角度で生じる斜線の範囲内に建物を収めなければならないというものです。第1種・第2種中高層住居専用地域や第1種・第2種住居地域準住居地域では、高さが20m、勾配の比率が「1:1.25」、それ以外の地域では、高さが31m、勾配の比率が「1:2.5」と定められています。ちなみに、絶対高さ制限が設けられている第1種・第2種低層住居専用地域には、隣地斜線制限は設けられていません。
建築基準法による建築物の高さ制限の一つで、「斜線制限」には他にも「道路斜線制限」「隣地斜線制限」「北側斜線制限」などがあります。これは建物を建てることによって生じる日影や風通しの悪化などを極力防ごうというもので、建築計画図面に建築基準法で定められた一定の斜線を引き、その斜線内に建築物を収めなければいけないという規制です。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

隣地斜線制限とは?隣地斜線制限の意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?