>>>旅館業法

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

旅館業法【りょかんぎょうほう】

ホテル・旅館・簡易宿所・下宿などを営業する旅館業の適正な運営を確保するために昭和23年に制定された法律です。旅館業は「人を宿泊させ」「宿泊料を受ける」ことが用件となっており、生活の本拠を置くようなアパートや、宿泊料を徴収しない宿泊施設は旅館業法の適用は受けません。旅館業を経営するものは、都道府県知事の許可を受ける必要があります。
最近では、国家戦略特区の指名を受けたエリアにおいては、アパートなどの空室が一定の要件を満たすと旅館業法適用除外。宿泊サービスの提供が可能になり、空き家問題解決も期待されています。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

旅館業法とは?旅館業法の意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?