>>>リボンバックチェア

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

リボンバックチェア【りぼんばっくちぇあ】

椅子の背の部分に、リボンを模したような透かし彫りの装飾が施された椅子のことをいいます。18世紀中頃を中心にイギリスの家具作家トーマス・チッペンデール(1718年~1779年)による「チッペンデール様式」の代表作の一つで、カブリオールレッグ(動物の足を模してデザインされた、家具の脚の形状)とリボンバックが特徴です。また、チッペンデールはイギリスのロココ様式の担い手となり、「リボンバックチェア」は正統派のイギリスアンティーク家具の象徴ともいわれています。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

リボンバックチェアとは?リボンバックチェアの意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?