>>>利息制限法

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

利息制限法【りそくせいげんほう】

利息制限法とは、金銭の貸し借りにあたって利息の最高限度を定めた法律のことです。
元本の金額によって、次の通りとなっています。
●元本が10万円未満 年20パーセント
●元本が10万円以上100万円未満 年18パーセント
●元本が100万円以上 年15パーセント
●遅延損害金は制限利息の1.46倍
この利息を超えた分は無効とし、支払う必要がないとされています。
利息には印紙代など契約にかかる経費を除き、礼金・手数料・調査費などの名目の元本以外の金銭も利息とみなされます。また、上限利息を超えて支払った分は、返還請求が可能です。ただし、利息制限法は民法の規定で罰則規定がなく、出資法や貸金業規制法との不一致が長年問題となっていました。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

利息制限法とは?利息制限法の意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?