>>>ラッチボルト

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

ラッチボルト【らっちぼると】

ラッチボルトとは、風圧などでドアが開かないように、空錠のドアノブ脇に取り付けられた先端が三角形のボルトのことです。
「から締め」「仮締め」ともいわれます。通常はスプリングの力で錠面から常に突き出すように付けられており、戸を閉めかけた時に、ドア枠側に付けた受け座(ストライク・プレート)のふち(リップ)に当たってボルトが押し戻されます。完全に戸が閉まると、受け座の穴にボルトが滑り込んで、自動的に戸が固定される仕組みです。開ける時はドアの取っ手を回転させてボルトを引き入れることで、空錠を解きます。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

ラッチボルトとは?ラッチボルトの意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?