>>>のし瓦

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

のし瓦【のしがわら】

漢字では「熨斗瓦」と書きます。切妻屋根入母屋屋根などの棟に葺く、細長い瓦のことです。棟の左右から積み上げる「のし瓦」は、継ぎ目から雨水が入りやすいため、継ぎ目に土を塗り込みながら位置をずらして3段~7段に積み上げます。段数が多いほど下地への雨水の浸入が防げますが、屋根の目立つ所なので意匠性を考慮して段数を決めことが多いです。「のし瓦」の上に積む、カマボコ型の「冠瓦」と合わせて、「棟瓦(むねがわら)」と呼びます。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

のし瓦とは?のし瓦の意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?