>>>根太床工法

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

根太床工法【ねだゆかこうほう】

根太床工法とは、コンクリートスラブの上に根太とよばれる角材を渡し、その上に床材を張る工法です。
直床工法に比べると軽量衝撃音に対しては多少の遮音性があります。根太の代わりに、防振ゴムの付いた支持ボルトで支える「置き床工法」や、断熱材を敷いた上にモルタルを打って床材を乗せる「浮き床工法」では、より遮音性が高くなります。
なお、根太床工法は地震によって歪みが生じやすいという指摘もあり、構造用合板を用いた根太レス工法(剛床工法)などもあります。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

根太床工法とは?根太床工法の意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?