>>>熱伝導率

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

熱伝導率【ねつでんどうりつ】

熱伝導率とは、ある物質の熱の伝わりやすさを表す値です。物質内に温度差があると、温度の高い部分から低い部分へ熱移動がおこります。
熱伝導率とはこの熱移動のおこりやすさを表す係数で、1メートルの厚みがある物質の両面に1度の温度差があるとき、1平方メートルの面積あたりで1時間に伝わる熱量で表現される値のことです。熱伝導率は単位長さの値であるため、熱伝導率の大きい物質でも、実際に使用するときの長さ(厚み)が大きければ放熱効果は落ちます。また、熱伝導率は一般的に温度によって変化します。例えば、気体の熱伝導率は温度とともに大きくなり、金属の熱伝導率は温度の上昇に伴い小さくなる傾向があります。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

熱伝導率とは?熱伝導率の意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?