>>>熱貫流率

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

熱貫流率【ねつかんりゅうりつ】

流率とは、建物の壁や窓ガラスなどにおける、熱の伝わりやすさを表す数値のことです。
壁の両側(室内と外部)の空気温度に1度の差があるときに、1時間あたりに壁1平方メートルを通り抜ける熱量のことをいいます。K値とも呼ばれます。この値が小さいほど、熱が伝わりにくくなります。つまり、壁やガラス、天井など、建物の各部位ごとの断熱性能を、数値で表したものということができます。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

熱貫流率とは?熱貫流率の意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?