>>>塗籠

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

塗籠【ぬりごめ】

柱や軒などの木部の外壁まで土壁で覆う工法でつくられた個室のことをいいます。平安時代の貴族の住宅様式である寝殿造りの建物内で、土などを厚く塗った壁で囲まれた小さい部屋を「塗込」といいました。当初は寝室として利用されるほか、衣類や調度の収納場所でもありましたが、次第に寝室としては使われなくなりました。一般の民家でも就寝、納戸として用いられましたが、近世に入ると納戸とよばれ、主に収納場所として利用されました。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

塗籠とは?塗籠の意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?