>>>認定再開発事業

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

認定再開発事業【にんていさいかいはつじぎょう】

民間活力を活用した簡便な手続きによる再開発事業を支援するための制度で、「再開発事業計画」が一定の基準に合致するものとして都道府県知事あるいは一部地域での市長の認定を受けた優良な事業のことをさします。都市再開発法第129条の3に規定されています。認定されることで、税制の特例措置などが受けられます。ただし、事業区域は「土地の利用が著しく不健全」で「耐火建築物等が2分の1以下」であることが条件です。それを基本とした上で、下記5つの条件に満たさなければなりません。・地階を除く階数が3以上の耐火建築物・建築面積が200m2超・容積率が指定容積率の3分の1以上・建ぺい率が指定建ぺい率の-10%以下・公共施設が,必要な位置に適切な規模で配置されていること

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

認定再開発事業とは?認定再開発事業の意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?