>>>認知症老人徘徊感知機器

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

認知症老人徘徊感知機器【にんちしょうろうじんはいかいかんちきき】

認知症高齢者が徘徊し、屋外に出ようとした時または、屋内のある地点を通過した時に、センサーが感知して、家族や隣人などへ通報するシステムのことです。主に以下の3つの種類があります。
・重量センサーを玄関やベッド脇のマットの下に設置し、人の動きを感知して作動する「マットレスタイプ」
・通路や出入口などに設置した赤外線センサーを通行すると作動する「人感センサータイプ」
・認知症高齢者の身に付けた小型発信器の電波を受信して感知する「送信機タイプ」

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

認知症老人徘徊感知機器とは?認知症老人徘徊感知機器の意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?