>>>中目丸太の製材木取り

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

中目丸太の製材木取り【なかめまるたのせいざいきどり】

末口の大きさが20~28センチの丸太を一般的な「中目丸太」といい、また末口の大きさが14センチ~18センチとやや小振りなものも「柱適寸丸太」として、おおよそ二つの「中目丸太」に分かれます。この材の製材木取り方法は、その「中目丸太」が良質材であれば、材の周囲を4つに挽き落とし「心去り平角材」として鴨居の造作材などに、樹心部は「心持ち角」の柱として使用されます。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

中目丸太の製材木取りとは?中目丸太の製材木取りの意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?