>>>目視等級材

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

目視等級材【もくしとうきゅうざい】

節や丸み等の材の欠点について、等級付けを行う検査員が目視で確認測定し、等級区分をつけた木材製品のことをいいます。「目視等級区分製材」と呼ぶこともあります。JAS(日本農林規格)が定めた無垢の木材の製材規格で、マツ・スギ・ヒノキ等の針葉樹構造材の強度性能を保証するため、実大材の強度試験値をもとに、構造計算を行う際の許容応力度の設定を可能にするための等級区分を設けています。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

目視等級材とは?目視等級材の意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?