>>>木造軸組工法

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

木造軸組工法【もくぞうじくぐみこうほう】

基礎土台を乗せて柱を立て、梁などの水平材を渡して骨組みをつくり、筋交いという斜めの材を入れて補強する構法です。「在来工法」とも呼ばれています。木造軸組工法は、軸で躯体を支えるのが特徴で、柱の位置や長さを自由に設定できるため、デザインや間取りの自由度が高いと言われています。また最近では、耐震性を高めるために、コンピュータによる壁量計算により筋交いや補強金物を適切に配置し、金物で接合部の強度を高めるなどの対策も行われています。現在使われている「在来工法」は西洋のセオリーが混入し、日本独自の伝統工法とは別ものだといわれている。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

木造軸組工法とは?木造軸組工法の意味を調べる。不動産用語集【LIFULL HOME'S/ライフルホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【LIFULL HOME'S/ライフルホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?