>>>木造SRF工法

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

木造SRF工法【もくぞうえすあーるえふこうほう】

接着剤などを使い柱や梁などの接合部にポリエステル製のベルトやシートを巻くように被覆して建物を補強する耐震補強工法のことをさします。ベルトを適宜の長さに切って、接合部に貼り付けることで、木材や基礎に穴を開けずに簡単に補強ができます。また、ベルトを柱や梁に巻きつけて止めることで、大きな力や変形を多数受けても外れにくく、元に戻る力を発揮させると言われています。施工が比較的容易なため、すべての接合部に貼り付けることも可能です。コンクリートの建物で施工されていますが、木造でも京都の東本願寺大虹梁などの歴史的な建築にも使われています。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

木造SRF工法とは?木造SRF工法の意味を調べる。不動産用語集【LIFULL HOME'S/ライフルホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【LIFULL HOME'S/ライフルホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?