>>>メニュー方式

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

メニュー方式【めにゅーほうしき】

メニュー方式とは、一定の範囲で間取りや設備が選択できるプランです。
未完成の物件で、一定の期間内であれば、あらかじめ用意された範囲内で設備や仕様、間取りが変更できます。
選択範囲はプランによりますが、基本となる間取りをもとに、洋室を和室に変えたり、和室をなくして大きなリビングとしたり、キッチンのタイプをカウンター型から独立型へ変更するなど、ライフスタイルにあわせた選択ができるようになっています。また、水回りの設備やキッチンの高さ、床や壁のカラーなど、内装・仕様でのセレクトプランが用意されていることもあります。
間取変更は無償の場合が多いようですが、新しい設備を追加する場合や仕様をグレードアップする場合などでは、標準仕様との差額の費用負担をするのが一般的です。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

メニュー方式とは?メニュー方式の意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?