>>>水廻りの補修サイクル

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

水廻りの補修サイクル【みずまわりのほしゅうさいくる】

水廻りは使用頻度が多く湿気も多いため、ほかの場所よりも劣化が早く損傷が起きやすい部分です。そのため、こまめな水廻りの補修点検が欠かせません。一般的に言われている補修サイクルの目安は・床…水廻りに近い床は基本的に、2年~3年ごとに防カビ処理、10年~15年ごとに腐朽・破損・汚れ等の部分補修、そして15年~20年ごとに全体のリフォームが必要だといわれてます。しかし根太の傷みが激しい場合には、5年~7年目に根太の補給を行い、仕上げ材を含めて取り替え工事を行う必要があります。・浴室キッチン土台・柱…15年~20年程度で腐食・腐朽が激しくなるため、その時期に補強・交換工事を行うといいと言われています。 ・壁・天井…汚れやクロスの剥離、カビなど塗装ならば3~4年ごとに塗り替え、クロスならば4~7年ごとに張り替えタイルの目地落ちは随時、補修がいいと言われています。 ・給排水管…配管クリーニングを1~5年ごとに、排水マスは2年ごとに清掃。また20~25年をめどに、給排水管の交換が必要だと言われています。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

水廻りの補修サイクルとは?水廻りの補修サイクルの意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?