>>>前金保全

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

前金保全【まえきんほぜん】

申込証拠金手付金中間金など売買契約以降、物件の引き渡し・残金決済までの間に支払うものを前金といいます。物件の引き渡しを受ける前に売主の業者が倒産してしまったら、それまでに買主が支払った前金はまず戻ってきません。そんなことがないにこしたことはないですが、不安に思うならこれに対する予防措置として「前金保全」を取っておくことです。宅建業法では売主(不動産会社)が宅建業者の場合、前金の額が一定以上なら前金保全措置を不動産会社に義務付けています。実際の売買では不動産会社が前金保全措置が必要になる金額を超えないように前金の額を抑えているケースもあります。前金を保全するためには、未完成物件では価格の5%超、完成物件では価格の10%超の前金を支払えば、金融機関などの前金保証書を交付してもらう前金保全措置を取るように、不動産会社に依頼することができます。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

前金保全とは?前金保全の意味を調べる。不動産用語集【LIFULL HOME'S/ライフルホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【LIFULL HOME'S/ライフルホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?