>>>まぐさ

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

まぐさ【まぐさ】

窓や出入り口などの開口部の上枠を取り付けるために渡した横架材のことで、開口部の上部の壁を支える目的で用いられます。
在来工法木造軸組工法)では、上からの荷重を胴差しや梁・桁が受け、それを開口部の近くにある柱が受けることで、まぐさには大きくは荷重の負荷かからないためサイズも小さくなることが多いです。2×4工法の場合、モノコック構造(外板に応力を受け持たせる構造)ということもあり開口部は構造上の弱点になりやすいため、まぐさのサイズを大きくして、上からの荷重の負荷に耐えられるようにして、まぐさで受けた荷重を「まぐさ受け」という部材で支える構造になっていることが多いです。また、ドアや窓の開口部の上部にまぐさが設けられている場合は、強度不足によりまぐさが曲がると開閉に支障が出ます。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

まぐさとは?まぐさの意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?