>>>マルティプル・リスティング

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

マルティプル・リスティング【まるてぃぷる・りすてぃんぐ】

マルティプル・リスティングとは、不動産取引の仲介業者同士が、物件情報等を共有する仕組みのことです。
売却を依頼された仲介業者が、単独で買い手を見つけることは容易ではありません。そこで業者で組織を作り、物件情報を共有することにより、他の業者が買い手を見つけ紹介するのです。この仕組みにより、広域な範囲で、より迅速な不動産取引が可能になります。
マルティプル・リスティングは、アメリカの不動産業者団であるNAR(全米リアルター協会)で発展し、運用されてきました。日本で、この考え方を踏襲した組織が指定流通機構で、ネットワーク化されたものがレインズです。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

マルティプル・リスティングとは?マルティプル・リスティングの意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?