>>>古材活用

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

古材活用【こざい(ふるざい)かつよう】

主に古民家等を解体する際に、大黒柱をはじめとする柱や梁・桁・板等の古い材料、板戸や格子戸・障子・襖・欄間等の古い建具などを丁寧に取り置き、先人たちが残した木組みを活かして機能的な住宅に改修する再生工事やリフォーム工事、構造材の一部に組み込んで活用する新築工事のほか、インテリアなどの内装工事で積極的に再利用することです。古材は長い間家屋を支えてきた実績のある無垢材であり、自然乾燥しているため安定した強度があり、新しい木材にはない時間の経過によって醸しだされる奥深さや古びた美しさという個性のほか、再利用することでゴミやCO2排出量の削減等の環境にもやさしい建築資材として見直されています。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

古材活用とは?古材活用の意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?