>>>権現造り

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

権現造り【ごんげんづくり】

神社の建築様式の一つで、本殿と拝殿を「石の間(または合の間)」と呼ばれる幣殿(へいでん)でつなぐ様式のことをさします。「石の間造り」「八棟造り」とも呼ばれています。上から見ると建物の配置が「エ」の字に見えるのが特徴で、平安時代に北野天満宮で始まったとされ、東照大権現(徳川家康)を祀った東照宮がこの様式を採用して以来、近世の神社建築で多く用いられるようになったと言われています。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

権現造りとは?権現造りの意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?