>>>小節材

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

小節材【こぶしざい】

JAS(日本農林規格)による製材の品質基準の規格で、小節材の区分は造作用製材の品質基準の一つになります。人の目に触れる造作用製材が対象なので、見栄えなどの意匠的要素を重視し、材面の節の大きさや数、曲がりや割れなどの状態によって格付けされています。広い材面を含む1材面以上の材面において、節大きさが長径が20mm(生き節以外の節にあっては10mm)以下であって、かつ材長2m未満にあっては5個以内、材長が2m以上のものにあっては6個(木口の長辺が210mm以上のものは8個)以内であるものを「小節材」とよびます。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

小節材とは?小節材の意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?