>>>腰高窓

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

腰高窓【こしだかまど】

窓の下端が、腰ぐらいの高さ(床から約80~100センチ)に取り付けられる窓のこと。高さが約90センチ、幅が約180センチくらいの大きさが一般的です。採光というよりも、換気を目的とすることが多いのが特徴です。手すりやフェンスを設置して、子供や高齢者の転落などを防ぐ安全対策もよく見られます。腰高窓が外に飛び出した特殊なものは出窓と言われ、腰高窓とは区別しています。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

腰高窓とは?腰高窓の意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?