>>>高齢者向け優良賃貸住宅制度

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

高齢者向け優良賃貸住宅制度【こうれいしゃむけゆうりょうちんたいじゅうたくせいど】

高齢者が安心して住めるよう、高齢者の居住の安定確保に関する法律に基づいて、国や各自治体が事業者に対して家賃負担や整備費用の補助などを行う賃貸住宅の制度のこと。略して「高優貸」とも言われます。各自治体が定めた厳しい審査基準を満たす必要があり、基本的には全室バリアフリーで共用の廊下やアプローチも車いすに対応するなど、高齢者向けの良好な居住環境を整えた住宅の供給計画が必要です。この認定を受けた建物は、住宅金融支援機構の低利なバリアフリー対応賃貸融資制度が利用できたり、1戸当たりの床面積が25m2以上から18m2以上に緩和されるなどのメリットもあります。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

高齢者向け優良賃貸住宅制度とは?高齢者向け優良賃貸住宅制度の意味を調べる。不動産用語集【LIFULL HOME'S/ライフルホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【LIFULL HOME'S/ライフルホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?