>>>高気密・高断熱住宅

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

高気密・高断熱住宅【こうきみつ・こうだんねつじゅうたく】

家の隙間を可能な限り減らし気密性能を高めたもので、相当隙間面積(C値)が2cm2以下の住宅をさします。
屋根や外壁に断熱材等を入れ、開口部断熱サッシなどを用いて断熱性能を高めたものを「高断熱」いいます。この「高気密」と「高断熱」をともに備えたものが「高気密・高断熱住宅」と呼ばれるものです。また、「高気密・高断熱住宅」を建てる際に基準となるのが「建築基準法」「品確法(住宅の品質確保の促進等に関する法律)」「省エネルギー法」です。「建築基準法」はシックハウス対策として断熱材など建材の基準、「品確法」は省エネルギー対策等級、「省エネルギー法」では省エネルギー基準がそれぞれ定められています。「品確法」と「省エネルギー法」は断熱性能の評価に欠かせない基準であり、住宅ローンフラット35」での金利引き下げや税制の優遇制度の適用条件としても用いられています。また高気密高断熱にした場合には、内部結露を防ぐためにも、通気層を設けるだけではなく「24時間換気」などで通風を図る必要があります。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

高気密・高断熱住宅とは?高気密・高断熱住宅の意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?