>>>構造用集成材

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

構造用集成材 【こうぞうようしゅうせいざい】

建物の柱や梁、筋交いや土台、床、屋根、壁など、構造上で耐力が必要な箇所に使用する集成材のこと。集成材とは、木の繊維方向を平行にして揃えて積み重ねて、合成樹脂材の接着剤などで圧着させたものをさします。一般的に、一本の木からそのまま切り出した無垢材と比較して約1.5倍の強度があるとされ、時間の経過による歪みや反りがなく安定しているのが特徴です。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

構造用集成材 とは?構造用集成材 の意味を調べる。不動産用語集【LIFULL HOME'S/ライフルホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【LIFULL HOME'S/ライフルホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?