>>>構造計算適合性判定制度

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

構造計算適合性判定制度【こうぞうけいさんてきごうせいはんていせいど】

2005年に発覚した耐震偽装事件をきっかけに、2006年6月に改正、2007年6月に施行された改正建築基準法で新しく導入された制度のことをいいます。構造計算が不可欠な建築物構造計画をより正確に審査するために、新たに都道府県知事が指定する「指定構造計算適合判定機関」が設けられ、一定の高さ以上の建築物について指定機関による「構造計算審査」が義務付けられました。構造計算を含む構造設計図書を、指定構造計算適合判定機関が審査し、適合すると判定された場合に、建築主事または指定確認検査機関による建築確認の審査が行われるという2段階の確認体制になりました。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

構造計算適合性判定制度とは?構造計算適合性判定制度の意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?