>>>広葉樹製材の規格

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

広葉樹製材の規格【こうようじゅせいざいきかく】

JAS(ジャス・日本農林規格)による製材の規格の1つで、「製材のうち、広葉樹を材料とするものをいう」と定義されています。具体的には、ヤナギ科、ヤマモモ科、クルミ科、カバノキ科、ブナ科などの広葉樹で、住宅などの天井・壁・床等の内装や仕上げ材として用いられる木材をさします。JASでは、角類・板類別に、節、木口割れ干割れ、曲がり、虫穴、腐朽など製材の状態に基準を設け、それに従って特等・1等・2等の3ランクに分けられています。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

広葉樹製材の規格とは?広葉樹製材の規格の意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?