>>>固有周期

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

固有周期 【こゆうしゅうき】

地震が起きると振動エネルギーが建物に伝わって揺れますが、揺れ方は建物によって異なります。ある建物は揺れが大きいのに、ある建物は揺れが小さいということがあります。建物はそれぞれに揺れやすい揺れ方(周期)が違うためで、これを「固有周期」といいます。構造体の高さ、重さ、強さ、ねばり強さ、また配置の仕方等でも「固有周期」は変わりますが、建物が重く大きくなるほど長くなり、逆に剛性(固さ)が大きくなるほど短くなります。そのため、剛性が同じような建物でも、重い建物ほどゆっくり揺れます。一般的に、鉄骨造より鉄筋コンクリート造の建物の方が剛性が大きいため固有周期は短く、また中低層の建物は高層の建物に比べて固有周期が短い傾向があります。住宅などの建造物を設計する際は、これらを考慮し、建物の建設予定地の固有周期と建物の固有周期が一致しないように設計・建設することが重要になります。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

固有周期 とは?固有周期 の意味を調べる。不動産用語集【LIFULL HOME'S/ライフルホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【LIFULL HOME'S/ライフルホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?