>>>古材

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

古材【こざい(ふるざい)】

住宅などの木造建築物に使われていた古い建築資材のことです。解体した古民家の資材を再利用して家を建てたり、建て替えやリフォームなどの際に、以前の建物に使われていた柱・梁・桁等の古材を活かして施工したりします。これらは「古民家再生住宅」や「古材のリサイクル」などと呼ばれています。また、古材には自然乾燥による安定した強度や、長い年月の経過でしか創り出せない古びた美しさや個性があります。近年では国内のものだけでなく、海外から輸入された古材を利用したり、古材で家具を作るなどの利用も広がっています。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

古材とは?古材の意味を調べる。不動産用語集【LIFULL HOME'S/ライフルホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【LIFULL HOME'S/ライフルホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?