>>>コナラ

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

コナラ【こなら】

北海道、本州、四国、九州、朝鮮半島、中国に広く分布しているブナ目ブナ科コナラ属の落葉広葉樹です。日本では雑木林に多く見られます。漢字では「小楢」と書きます。同じコナラ属には国産ミズナラがあり、こちらは「大楢」と呼ばれます。コナラの材質は、環孔材(導管の分布が年輪に沿って木目がはっきりと表れる)でミズナラとよく似ていますが、ミズナラよりも加工がしにくく、重くて硬いことが特徴です。木炭の原料や、シイタケの原木に使われるほか、柾目面に虎斑(とらふ)模様が現れることから、小物の器具材、玩具、漆器素地などにも用いられます。住宅関連では、建築用造作材やフローリング材、家具などに多く使われ、皮付の丸太、小丸太は茶室床柱、軒の垂木などに使われることもあります。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

コナラとは?コナラの意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?