>>>コウヤマキ

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

コウヤマキ【こうやまき】

かつては世界中に広く分布していたマツ目コウヤマキ科の常緑針葉樹。現在は日本では、福島県から九州までの山地に分布しています。また、韓国でも済州島で分布している固有種です。高野槙、高野槇とも呼ばれています。また、1科1属1種という植物学上でも非常に珍しい植物で、高野山真言宗の総本山である高野山で多く見られる事からこの名がついたと言われています。かなり大きく成長する木で樹高は約30メートル、胸高直径が約1メートルほどに成長します。材木としては丈夫で朽ちにくく、水に強いなどの特性があり、古くから桶類、浴槽、杭、船材、橋桁など水回り関する建材として用いられていました。現代では、キッチン浴室・洗面所などの水回り部分の構造・造作材などに用いられています。また、板材は変色や腐食が少ないので、外壁用としても利用されます。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

コウヤマキとは?コウヤマキの意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?