>>>コンクリート打ちっぱなし

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

コンクリート打ちっぱなし【こんくりーとうちっぱなし】

仕上げ材を使わずに、コンクリートの型枠をはずしたままで仕上げる手法のことです。
コンクリートを打ち込んだ面をそのまま壁面として使い、外壁のほかに鉄筋コンクリート造の内壁などにも利用され、打ち放しともいいます。無機質で現代的な印象を与えるため、デザイナーズマンションなどデザイン性の高いマンションに使われることが多いようです。ただし、ヒビ割れによる雨水の浸入や中性化による鉄筋のさびなどが起こりやすいため、コーティングなどの防水処理を施す場合が多くなっています。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

コンクリート打ちっぱなしとは?コンクリート打ちっぱなしの意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?