>>>高層住居誘導地区

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

高層住居誘導地区【こうそうじゅうきょゆうどうちく】

高層住居誘導地区とは、高層住宅の建設を誘導するために指定した地区のことをいいます。
この地区は、第1・2種住居地域、準住居地域近隣商業地域または準工業地域で、容積率は400または500パーセントと定められています。しかし、この地区に指定されると、建物の住宅部分が延べ面積の3分の2以上ある場合、最高で600パーセントまで容積率が引き上げられます。同時に、高さ制限前面道路幅員容積率制限などが緩和され、日影規制の対象外となります。そのため、これらの制限で実質的に容積率が制限されていたものが、高層住居誘導地区に指定されることで、実際に容積率600パーセントの建築物を建てることが可能になります。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

高層住居誘導地区とは?高層住居誘導地区の意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?