>>>固定資産評価審査委員会

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

固定資産評価審査委員会【こていしさんひょうかしんさいいんかい】

固定資産評価審査委員会とは、固定資産課税台帳に登録された価格についての不服を審査決定するところです。
市町村に設置されている行政委員会で、委員は、市町村の住民、市町村税の納税義務のある人または学識経験者の中から、議会の同意を得て市町村長が任命し、任期は3年となっています。
東京都の場合、委員の数は15人以内で、審査委員会は委員3人で構成する合議体に分かれて審査決定します。なお、不服申請には期限があり、納税通知の交付を受けた日の後60日の間に、文書で審査の申請をしなければなりません。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

固定資産評価審査委員会とは?固定資産評価審査委員会の意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?