>>>古都保存法

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

古都保存法【ことほぞんほう】

古都保存法とは、古都における歴史的風土を保存するための法律です。
正式には「古都における歴史的風土の保存に関する特別措置法」というもので、京都市、奈良市、鎌倉市などが対象となっています。
「歴史的風土保存地区」の中では、建築物等の新築、改築・増築、土地の形質の変更、木竹の伐採等を行う場合、あらかじめ地方行政区画を統轄する知事のへの届け出が必要です。また、特に中核となる地区を「歴史的風土特別保存地区」と指定し、上記内容に建築物の色彩や屋外広告なども加えて、知事の許可が必要となります。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

古都保存法とは?古都保存法の意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?