>>>コンパクトマンション

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

コンパクトマンション【こんぱくとまんしょん】

コンパクトマンションとは、近年都市部で増えてきた、専有面積が30~50平方メートル前後のマンションです。
ワンルームとファミリータイプの中間タイプで、独身者や若いカップルが主な対象となっています。室内は限られたスペースながら、最新設備を採用するなど、機能性や快適性を追求したものが主流です。また、宅配ロッカー防犯機能の付いたものが多く、中にはフロントサービス付きのホテルライクなマンションもあります。
一般的にコンパクトマンションは、付加価値重視で、広さに対しては高めの物件が多いようですが、投資用あるいは、将来住み替える際には賃貸に、と考える購入者も少なくありません。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

コンパクトマンションとは?コンパクトマンションの意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?