>>>コンクリートスラブ

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

コンクリートスラブ【こんくりーとすらぶ】

スラブとは、床版のこと。一般的には鉄筋コンクリート造の建築物において、床の荷重を支える構造床のことを指します。
本来は平板や石板のことをいいますが、鉄筋コンクリート造では大や小梁と一体化してつくられ、内部に碁盤の目状に入れられた鉄筋で強度を確保しています。
建築基準法では構造耐力上主要な部分の床版は8センチメートル以上と定められていますが、マンションなどの集合住宅では上下階への遮音性を高める必要から、20センチ以上の厚さが標準とされています。コンクリートでつくられているものをコンクリートスラブ、床として用いられるときは床スラブといいます。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

コンクリートスラブとは?コンクリートスラブの意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?