>>>国有宅地

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

国有宅地【こくゆうたくち】

国有宅地とは、財務省が売り出している宅地のことです。
対象となるのは、行政目的に使用しなくなった旧庁舎や租税物納された土地、建物などです。国有宅地の購入には、一般競争入札に参加する必要があります。入札の公示がされると、一定期限内に郵送で入札を受け付け、最高価格を出した人が落札します。2006年7月からは未利用国有地の期間内入札には電子入札システムが導入されました。また、競争入札で売却されなかった物件は、 一定期間内にかぎり、だれでも購入できます。
なお、1994年に価格公示売却が導入されましたが、2002年に最低売却価格を公表した入札制度を導入したことで、この制度は廃止されました。国有宅地の売却情報は財務省のホームページなどで公開されています。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

国有宅地とは?国有宅地の意味を調べる。不動産用語集【LIFULL HOME'S/ライフルホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【LIFULL HOME'S/ライフルホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?